> オートローンとキャッシングの審査基準

オートローンとキャッシングの審査基準

オートローンとキャッシングの違い

自動車を購入するときに多くの人が利用するマイカーローンやオートローンは、
車両の購入に目的を限定した借入になる分、金利は低めになっていますし、
審査に通れば年収に関係なく購入価格の融資を受けることができます。

一方、キャッシングは使いみちが自由で融資スピードが早いというメリットがありますが、
借り始めのうちは信用を確立していませんので、数十万円程度の融資しか
受けられないこともあります。

また、消費者金融や信販系会社のキャッシングの場合、総量規制の対象となっていますので、
利用者の年収の3分の一以上の借り入れをすることはできません。

審査基準について

オートローン

審査基準に目を向けた場合、オートローンは車を購入してもらうために
審査に通りやすい傾向があります。
ただし、これはある程度支払い能力があると認められた人のみで、
安定した職業についていない人、勤続年数が浅い人、過去に金銭的なトラブルを
起こした人などは融資を受けることができない可能性があります。
また、オートローンにはディーラーと系列が同じ独自のファイナンス会社が
ついていることもあれば、信販系会社などと提携してローンを組んで
いることもあります。
この信販系会社でトラブルを起こした経験がある人は、
半永久的にその履歴が残されていますので、オートローンの融資も認められません。
この場合には、他のオートローンを紹介してもらうか、
銀行などで別途オートローンを組まなければなりません。
しかし、それぞれに独自の審査基準がありますので、
場合によってはどこでも断られてしまう可能性もあります。
オートローンが利用できなかったときには、審査基準が比較的簡略な
キャッシングを組み合わせることも一つの方法です。

キャッシング無担保、小口融資

キャッシングは無担保の小口融資ですので車の名義は始めから自分のものになりますし、
使い道も自由ですので問題ありません。
ただ、上記のように全額融資が受けられるとは限りませんので、
頭金はできるだけ用意したほうが良いでしょう。

Menu